G式なブログ。

そういうこともある。

新ノ口のはなし

13時44分。僕は新ノ口駅で降車した。
f:id:sconsciousn:20150627151516j:image

各駅停車しか止まらないこの駅に、何の用事があったのか。そう思う方も多いだろう。
実は、行ってみたいラーメン屋があったのだ。
f:id:sconsciousn:20150627151705j:image

ここがそのラーメン屋。
炙り鯛だしらーめん・つけ麺 サクラだ。
もう14時過ぎだというのに、4人並んでいた。僕が並んでから、4人後ろに並んだ。店内から、魚介スープの良い匂いがして、僕の空腹を刺激する。

新ノ口駅からはるばる20分弱。といっても平坦な道が続くから、歩くのは楽である。
f:id:sconsciousn:20150627152037j:image

道の隣には綺麗に田植えされた田圃があった。それより気になったのは、
f:id:sconsciousn:20150627152247j:image

ゴ ミ ス テ ル ナ

何故光る金属板に書いたのか。
何故カタカナなのか。
何故「ナ」が「↑」に見えるのか。
これ以上悩んだら負けのような気がした。
f:id:sconsciousn:20150627153220j:image

10分くらいして店内に案内される。カウンターの4番。隣の夫婦(?)はカウンターの1、2番だった。カウンターの3番はどこに消えたのか
せっかく来たのだから、良いものを食べよう。そう思って、
鯛だしスペシャルラーメン大盛り+から揚げ小を頼んだ。
置いてある水をコップに注ぎ、喉を潤す。クルッと店内を見回すと、カウンター7席・テーブル3つ、店員が店長であろう人を含めて3人と、結構小規模な店である。
ぼーっとしているうちに、から揚げが来た。
f:id:sconsciousn:20150627155203j:image

「お好みで塩をお掛けください」
と店員が言ったものの、けっこう味がしっかりついていた。モモ肉で柔らかかった。
一口食べたあとに、すぐラーメンが来た。
f:id:sconsciousn:20150627155315j:image

絶対美味しいだろこれ。

スープを飲んでみる。見た目ほどはこってりしておらず、魚介=鯛と豚骨の味が利いていて良い。
メンマが分厚くて、メンマ好きの僕からすればすごく嬉しかった。
これまた分厚いチャーシューは、すごく柔らかくて、口に入れた瞬間とろけて消えてしまいそうだった。
麺はちょうど自分好みの固さ(3分のカップ麺を2分半くらい)で、縮れ麺がスープに絡んで素晴らしいハーモニーを産んでいた。
ここまで食べて、僕はつぶやく。

「おいしい…!」

テーブルには定番のラーメンコショーはなく、一味唐辛子と柚子胡椒が置いてあった。
…柚子胡椒?鍋や煮浸しでお世話になるあの柚子胡椒?
ひと匙投入してみる。スープを口に運ぶ。

あっ、これすげえ合うわ。

魚介スープだから合うのか、ラーメンならどんなものでも合うのか、それは分からないが、とにかく1.3倍ほど美味しくなった。
f:id:sconsciousn:20150627161853j:image

スープまで飲み干して(よい子はマネしないでね)席を立ち、支払う。参考程度に値段を書いておくと、
スペシャルラーメン→920円
大盛り→+100円
から揚げ小→180円
だった。から揚げ小の無料券を貰って、店を出た。
揚げ物をしているときに油がはねる程度の雨が降っていた。そこで、ヤマダ電機に逃げ込んだ。
f:id:sconsciousn:20150627162538j:image

何気にヤマダ電機に来るのは初めてである。
「ヤマーダデンキ!」
というテーマソングも初めて生(?)で聴いた。すごい品揃えだったので、つい見入ってしまった。
ちょっとして外に出ると、すでに雨は止んでいた。向かいのペットショップから犬の声がキャンキャン響いていた。側の田圃には帽子が浮かんでいた。

f:id:sconsciousn:20150627162944j:image
実は駅からラーメン屋までGoogleMapに頼って歩いてきたのだが、
帰りはケータイに頼らず駅に戻ろうと思った。一度通った道も覚えられないのならば、のちのち苦労するだろうと考えてのことである。
ここを曲がるのか?
ここは直進するのか?
信号の直前で曲がるのか?
それとも横断歩道を渡ってから曲がるのか?

なんだかんだで、一度も迷わず駅に着いたので、ちょっと誇らしかった。

(おわり)


f:id:sconsciousn:20150627210431j:image
はいはいはいはい、さっきとは一転して、へびあし!のコーナーがやってきましたよ───O(≧∇≦)O────♪
へびあし!では、主にツイートし忘れた/しなかったような、しかも記事にするほどでもない、強いてするなら導入部分程度の、ちょっとしたネタを消化しますぞ〜( ̄▽ ̄)

覚悟はいいか?

オレはできてる

ー ブローノ・ブチャラティ
f:id:sconsciousn:20150627211554j:image

…もうテンション下げていいですか?
さあいきましょう。
駅前に、戦争放棄を歌うビラを配っている、おそらく日本共産党のおじさんがいた。
そのおじさんに対して、波平さんみたいな頭(といっても1本しかないのではなくて、強風で1束が逆立っていた、というか1束ってなんだよ)のおじさんが笑顔で反論していて怖かった。
「…それは違うと思いますよ。憲法9条は…」って笑顔で。僕は3歩退いた。
その後2人を見かけた者はいなかった…。(知らんけど)
ピーターパンみたいな服を着た女の子がいた。詳しく書くと、ピーターパンみたいなのは服の形である。肩のところがぴょこんとなっている感じ?
服の主な色は黒で、そこに派手な蓮みたいなのが無限ループ印刷されていた。どんな日本語だよ。
その子の母親と思われる人も、ピーターパンではないがすさまじいセンスの服を着ていたので、素直にうわぁ(´Д` )と思った。
palmという単語が出てきたときに、塾の先生が
「パルムっていうアイスあるやろ、あれ手のひらに見えへん?…見えへんかwww」
とよく分からないテンションだった。
ウォークマンの中身を一新した。
以前入っていSuperflyや郷ひろみ、高橋優や玉置浩二(敬称略)などを全て消去し、
アニソンとリスニングだけにした。
なぜだ。

(おわり)