G式なブログ。

そういうこともある。

今週のお題のはなし

今週のお題「好きな服」


あんなにふざけたのに。どうも、G式だったりします。
f:id:sconsciousn:20150709192922j:image

撮る角度斜めすぎなのは仕様です。


みなさんは この はてなブログに、
今週のお題たるものがあることを御存知ですか?
まあ文頭に「好きな服」って書かれてしまっているので分かるでしょうが。(それが参加条件だから)

僕はこの存在を知らなかったわけではなかったのですが、
うっへゃあ〜メンドクセエ(´Д` )」
と触れずに来た次第です。

しかし
アラル海くらいの勢いでネタが枯渇している現在、
これに頼るしかないわけですよ。
f:id:sconsciousn:20150709195602j:image

かと言ってもなあ…。
服、ねえ…。

ユニクロで十分ですね。

ユニクロ最高!!


f:id:sconsciousn:20150709195915p:image

いやいやいやいや…。

でも待てよ、
しまむらも外せないぞ…!

しまむら最高!!


f:id:sconsciousn:20150709200222g:image

多分この「今週のお題」に投稿している他のブロガーさんたちはね、
初任給で買ったのが、この服だったんです!」とかね、
娘に着せるとホント カワイイんです(≧∇≦)」とかね、
ちょっとポエムっぽく
3年間着続けたこの制服は、たのしくせつない青春の結晶だ。」とかね、
書いているんだと思いますよ。ええ。
それは多分
その人にとって「どこにもないたったひとつの服」であるはずですし、読者もそういう話を望んでいるんだと思うんです。
決して、庶民的な服屋で大量生産されて全国全世界で通年販売しているようなものではないですし、書き手がいくらその服に思い入れがあったとしても、読み手からすれば「1枚のシャツ」であり「ありふれたもの」なのです。

だからこそ、僕はそういう特別扱いされないユニクロやしまむらの服が大好きなんです。
何気なく生活の一部として、かつ人間の一部として扱われるのって服にとって最も光栄なことなのではないでしょうか?
言い換えると、
「特別でずっと置いておきたい服」を捨てなければならなくなったらそりゃ辛いでしょうが、
朝起きたら「特別でずっと置いておきたい服」しか残っていなかったら辛いとかの次元を超えてもう「生きていけない」わけですよ。
ユニクロは人間生活なんです。
しまむらは生命活動なんです。


というわけで、