読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

G式なブログ。

そういうこともある。

岩田聡さんのはなし

どうも、G式です。

f:id:sconsciousn:20150713182000j:image

いつものようにTwitterを起動した瞬間、信じられない記事を発見しました。


任天堂入社後の「MOTHER3」と“Nintendo DS” “Wii”は、
この方がいないとはっきり言ってこの世になかったと思います。どれも聞いたことがない、なんて嘘でも言わせません。
プログラマーの腕前のみならず社長(実業家)としての手腕も凄まじい方でした。ゲーム史のなかでは大スターでしょう。
特に僕は「MOTHERシリーズ」の熱烈なファンで、
シナリオを手掛けた糸井重里さんを産みの親とするならば、
難航していたプログラミングに後半参加し、半年でゼロからプログラムを構築した岩田聡さんは育ての親とでも言うべきか、
いやむしろ2人ともMOTHERシリーズの産みの親でありかつ育ての親なのです。

さらに言えば、これらのゲーム(機)で育ってきた我々にとって、
これらのゲームはまさに我々の我々たる一大構成要素であり、
そういう意味では岩田聡さんはある点で我々自身の「親」とも言えるわけです。
(さすがに大袈裟すぎると思われるかもしれませんが、自分の人生〈人生観の形成〉に大きな影響を与えたような人は、たとえそれが兄弟であれ赤の他人であれ、「親」には変わらないでしょう。)

冗長になりましたが、言いたいことは、

今までお世話になりました。
本当にありがとうございました。
心から冥福をお祈りいたします。