G式なブログ。

そういうこともある。

はがきのはなし


G式です。

先日、「いぬやしき」という漫画を買いました。
f:id:sconsciousn:20150727075430j:image

作者はGANTZでおなじみの奥浩哉さん。
普通のスピードで読んでも、読破に15分もかからないのでおすすめです。

さて、この本の帯にはクリアファイル抽選券みたいなのが付いているんですが、
以前応募してみたら当選したので、
今回も送ってみようということで、
はがきを探すことにしたんですよ。

学習机の本棚の下の引き出しに切手とか年賀状とか入れているんですが、
目的の52円はがきを見つける前にとんでもないものが目に入ってきました。
f:id:sconsciousn:20150728080248j:image

なにこれ。

僕がつくった2006年の年賀状らしいです。
小学2年生のころですね。
たぶん当時我が家で普通に現役で動いていたWindows95でつくったと思われるんですが、
f:id:sconsciousn:20150728081743j:image

こいつ、何だよ!!!

犬なの?ねえ犬なの? 
だとしても目 充血しすぎ!絶対凶暴!噛んでくる!めでたさが全然伝わってこない!
明らかに輪郭がペイントツールの直線ツールなんだけど これは犬といっていいの!?
口の白いの目の後ろの緑のはなんなの!?
2006年の干支「」だし!
だって「ワン」って言ってるし…って、
あれ?嘘!?

こいつ、

f:id:sconsciousn:20150728082104j:image

「2006年も」としか言ってねえ!!

じゃあ「がんばろうワン」って誰が言ってんだよ!

あとフリー素材の象の上にフリー素材の赤ちゃんを乗せんな!


小さいころの芸術の感覚ってすごいですよね。
たぶん皆さんの周りにも、
人間の顔に薄橙色(俗にいう肌色)の代わりに緑色を塗りたくっているやつとか、
顔面から直接手足が生えているやつとか、
とっとこハム太郎のお面に直接クレパスで緑色塗ってたやつとかいたでしょう?
(全部実体験)
でも、そういう感性は非常に大切なんだと思います。
うまくは言えませんけど。

ちなみに今年2015年の僕の年賀状はこれでした。

f:id:sconsciousn:20150728083223j:image

ひどい。


(おわり)

ちなみに羊の足元にあるナイキの靴以外2015年関連のものだったりします。