G式なブログ。

そういうこともある。

ゼクシィのはなし

ゼクシィという雑誌の付録にビビりました。どうも、G式です。
f:id:sconsciousn:20150828003148j:image

ゼクシィ

大学を卒業し、入りたかった会社に就職できて1年。ようやく会社と東京の雰囲気に馴染んできた。
もうすぐ自分にも後輩ができると思うと、気が引き締まる。
残業後家に帰ると、玄関に同棲していた彼女が立っていた。真剣な表情で彼女は言った。
「私たち、そろそろ別れようと思うの」
「どうして!?」
「最近全然かまってくれないじゃない」
「仕事があるから」
「違う!そんなのじゃないの!この間までは、仕事があっても私のことを気にかけてくれていたじゃない!でも最近は何か違うのよ!もう私のことなんてどうでも良いんでしょう!?」
「そんなことない!」
「そんなことあるわ!この女は誰なの!?」
彼女のスマホには、おれと仲良く喋る友人がいた。
「この間偶然見かけたの…楽しそうに映画館から出てきたわ!」
「これは小学校時代の同級生で…たまたま映画館で見合わせたんだよ」
「そんな偶然あるわけないじゃない!あったとしても、そのあとどこ行ったの!」
「昼食を食べにファミレスに行ったんだよ」
「…もう信用ならないわ!」
「聞けよ!」
「私出て行く!」
彼女はおれのキャリーバッグにすべて詰め込みはじめた。もともと持ち物が少ない彼女は、おれの言葉に全く聴く耳持たず、すごい勢いで出て行ってしまった。
彼女がドアの外の闇に消えて、おれははじめその態度に憤慨したが、30分もすると心が重く辛くなってきた。今夜は眠れそうにない。
こういうときは酒だ。そう思って冷蔵庫のビールの定位置を見るがすっからかんだ。これは絶対に彼女の仕業だ。よく人が買ってきたビールを飲んじゃうのだ。自分は新ジャンルしか買ってこないのに。そう思うと、さっきの彼女は酔っていたんだな。顔色に出ないタイプだからな…。
彼女の性格上もう戻ってはこない。こんなことで悩むのも最後なのだ。そう思うと、もう情けなくて情けなくて、良い方法があったのではないか、あのとき意地でも追っかけて止めたら良かったのではないかと、ああでもないこうでもないと考え巡らせるうちに、いずれにせよ後の祭りであることを再認識し、また落ち込むスパイラル。
しかたがない、飲みに行くかと、財布だけポケットに入れてドアを開ける。
この決断が早すぎた。もう10分遅ければ、考え直した彼女が戻ってきたのに…。明かりの消えた部屋を見て引き返すこともなかったのに…。
さすが東京である。こんな深夜でも、そこらじゅうに人がいた。
でも今のおれには活気のすごい居酒屋は要らない。もっとこじんまりとして、静かな感じの、スナック的なところがいい。
10分ほどうろついていると、良い雰囲気のバーにたどり着いた。
カウンター席に座る。とりあえずてきとうなものを頼んで、ナッツとともにちびちび食う。
となりの女性が声をかけてきた。なかなかの美人である。
「どうかしたんですか?お酒は楽しんで飲まないと」
「実はさっき、彼女にフラれたんですよ」
「奇遇ですね、私もです」
「そうなんですか。それにしては、ヤケに楽しそうですね」
「アルコールに罪はないですからね。おいしく頂かないと。そのためには、やっぱり楽しく飲まないと」
「いいですね、そのポジティヴシンキング。見習いたいです」
バーで、おれはその女性と話し込んでいた。話し相手がいることはすごく嬉しかったし、女性の勧めてくれるアルコールはすべて美味しかった。
そこからの記憶はない。

目覚めると見知らぬ布団の中にいた。ベッドの下には自分の下着が散乱している。
扉から昨日の女性が出てきた。シャワーを浴びてきたらしい。
「あら起きたの」
「ここは?」
「覚えてないの?あんな酷いことしておいて!」
「!?」
「私、妊娠しちゃったかもしれないのよ!」
「ほんとうに?」
「責任とってよ!」
と女性は机の上のゼクシィから、ピンクの婚姻届を出してきた。
f:id:sconsciousn:20150828075449j:image

なっげえ!

せっかく昨日じゅうに書き終わる予定だったのに、何短編みたいなの書いてんだよ!しかもなげえよ!書いてる途中で寝んなよ!
まだこれ導入でしょう!?んなっげえよ!

…導入だけで良いんじゃないかって?

良いよ!!


ゼクシィはリクルートが販売している結婚情報雑誌、もしくはサイトです。
ゼクシィって税込390円なんですね。安い。でも今調べたら首都圏だけ500円でした。式場とかやっぱり多いのかな。
付録はほかにキッチンタイマーとかついていました。
リクルートのCMが好きで動画編集を始めたんですよね。以前のホットペッパーのCMにすごく嵌って。B-ingは初回の衝撃がすごかったですね。最近ではリクナビとかもいいですね。
貼っておきます。それでは。


(おわり)