G式なブログ。

そういうこともある。

船越さんのはなし

寒い!暑い!寒い!
どうも、G式佳城です。
最近の1日のサイクルです。

あちらのブログ、更新しました。
是非読んでください。


実は塾の校舎が変わりました。
9月にですけど。
帰りが30分〜1時間早くなって、9時台に最終便を迎える糞バスにも乗れたり乗れなかったりするわけです。
乗れなかったら、母親を召喚するしかありませんが。
(この時、テキトーな召喚魔法のコラでも作ろうかと「召喚 カード」でGoogle画像検索したら、やけにエロそうなソシャゲの画像が上位3つにヒットしたので、この国は終わりだなと思いました。)

それで、
今受講している化学の講座の先生が
やたら船越英一郎に似ているんですよ。
f:id:sconsciousn:20151007215615j:image

本名も「ふ」から始まるので、内心(あと親には)「船越さん」って呼んでいるわけです。
話も面白く何より分かりやすいので
毎回授業が楽しみなワケですが、
1つ問題がありまして、それが
授業の終わる時刻が微妙ってことなんです。

母親を召喚するのは、なんだかんだで非常に申し訳ないんですよ。
それが異様に早く終わる糞バスのせいであれ、
あるいは つまるところ糞田舎に住んでいるせいであれ、
母親がわざわざ駅まで迎えに来ないといけない、という事実は変わらないわけで。
船越さんが延長しまくって、ぜんぜんバスに間に合わないどころか、その次の電車も無理、というならいいんですよ。
しかしながら、間に合うか間に合わないかって時間に、
すなわち僕次第で運命が変わるような時間に終わってほしくないんですよね。

だから船越さんが「次回予告」とか言い出すと、
もういいから!」って思うんですよね。
撮り溜めしたアニメを消化するときに、わざわざ次回予告見ないのと一緒です。
(でも僕は見ますね。)
結果駅まで走りましたし。

以上です。